登録販売者という資格

ドラッグストアで白衣を着ている人=薬剤師、というイメージがありますよね。勿論薬剤師もいますが、中には「登録販売者」という資格を持った店員もいます。

2009年に規制改革で新設された比較的新しい資格が「登録販売者」です。何を登録して販売しているのか?そもそも何物?学校に通わなくても取れる資格なの?
登録販売者の端くれである管理人がまとめてみました。

スポンサーリンク

登録販売者という資格について

ものすごくざっくり言うと、「一般用医薬品を小売店で販売するのに必要な資格」です。

勿論、薬剤師がいれば医薬品を販売できるのですが、店舗の数だけ薬剤師を確保するというのはなかなかに困難です。そこで、比較的低賃金で雇用できる登録販売者の存在が生きてきます。

医薬品にはリスク区分というものがあり、中でも比較的リスクが低いとされる「第二類医薬品・第三類医薬品」については、登録販売者でも販売できます(第一類は薬剤師が必要)。実際のところ、二類三類の医薬品が一般用医薬品の9割を占めるので、登録販売者さえいれば、ほとんどの医薬品を販売できるという事になります。

資格があるだけですぐに薬を販売できるというわけではなく、最近5年間のうち2年間の実務経験が必要となります。ブランクがありすぎても駄目という事ですね。
ちなみに「登録販売者としての実務経験」では無いので、ドラッグストアですでに2年働いていた場合は、資格を取得したらすぐに正規の登録販売者として働く事ができます。

以前は実務経験が2年無いとそもそもの資格受験ができない、という事になっていましたが、今は逆になりましたね。誰でも受験可能になり、ハードルが下がりました。

資格としての需要

ドラッグストア業界は慢性的な薬剤師不足ですが、登録販売者も十分な数が確保できているか?というと微妙です(若手の社員が結構辞めちゃうし…)。
一人はお店にいないと、医薬品が販売できない時間帯が発生してしまいますから、今はいません!というわけにはいきません。複数の登録販売者がいる店舗から、不足している店舗に応援人員を出す…という話は周りでもよく聞きます。

さらに、家電量販店やホームセンター、コンビニでも医薬品を取り扱うところが増えている現状、一定の需要は見込める資格です。

個人的に思うのは、子供の手が離れた主婦の方や、扶養範囲内でのパート勤務を考えている方にはうってつけの資格だと思います。試験の難易度もそう高いものではありませんし、資格を取る事によって手当てがつくので、少ない勤務時間で希望の給料分働くことが可能です。何より、薬の知識というのは日常生活でもとても役に立ちます。

私が資格を取得するまで

まず、資格を取ろうと思った理由ですが、同僚が「受けてみる」と言っていたので「じゃあ私も受けてみようかな?」と思ったのが最初です。それまでもずっとドラッグストアで働いていましたし、店長からも「受けてみればいいのに」と言われていましたが、資格を取ると「何となく大変そう」というのが頭にあり、積極的に受けようとしませんでした。基本的にズボラなので…。

話を聞いてみると、会社で資格取得希望者へのセミナー(テキスト込み)なども年間を通して行われていたので、必要なのは受験費用だけというのも後押しになりました。月に二回のセミナーに通いつつ、家では地道に地味に過去問に取り組み、どの過去問でもそれなりの点数が出せるようになった頃に受験し、無事合格しました。

自己採点では120点満点中、110点でした。その年度の県の合格率は36%くらいでしたが、セミナー参加者の合格率は9割近かったと記憶しています。

セミナーで配布されたテキストは、白黒のシンプルな解説テキスト&過去問で、それを基に講師の方が説明をしていくという流れでした。書店で販売されている対策テキストも一冊用意しましたが、カラフルで解りやすいですね。毎年内容が新しくなっていますが、数年ごとに出題問題の傾向が変わるようなので、できたら最新年度のものが良いと思います。

登録販売者としての勤務

実際に登録販売者として働き始めて思ったのは、「ある程度ドラッグストアで働いた経験がないと厳しいのでは?」という事です。

同僚も試験に合格しましたが、まだ勤務歴が短かったため、売り場や商品についての知識が乏しく「常に緊張して胃が痛い」と話していました。「登録販売者としての勉強」では、成分名で知識を習得する事がほとんどで、実際の接客に役立つか?というと微妙です。

店舗には、2年の実務経験がある登録販売者か、薬剤師、いずれかがいないと医薬品を販売できないため、新人一人にされる事はありませんが、実務経験を積み「研修中」の札が外れると同時に一人で店を任される事も出てきます。

個人的には、
「資格取得を前提としてドラッグストアで働き始めて、商品知識を身につけつつ実務経験を積み、セミナーに参加し勉強しながら資格取得を目指す」
というのが一番良いのかなと思います。資格さえ取ってしまえば他所でも働けますし(ひどい)。

自力で教則本を購入して勉強しても良いのですが、セミナーでの勉強だと、どこから勉強するかの道筋も立てやすく効率よい学習が可能です。講師の薬剤師さんからも、豆知識など面白い情報が色々教えて貰えますし、質問し放題(?)ですからね。

・医薬品を売りたい小売店には必須の資格
・ドラッグストア業界ではまだまだ不足気味
・資格取得によって得た知識は生活にも役立つ
・企業のサポートがあれば効率よい学習~受験の流れが可能
勉強そのものが楽しかったので、資格を取って良かったです。若い頃に勉強の楽しさに気付いていれば…。
JACDS(日本チェーンドラッグストア協会)は、「登録販売者」という呼称から「医薬品登録販売者」という呼称に切り替えるそうです。薬の専門家っぽい雰囲気は出ますが、ちょっと長い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました