染め方でダメージ軽減! 市販ヘアカラーについて

ドラッグストアでも大きなスペースが割かれているのが「ヘアカラー(おしゃれ染め&白髪染め)」コーナーです。手軽に家で染められる、という事が魅力ですが、種類が多すぎてどれを選べば良いのか迷うお客様も多いようです。

美容院で染めるのが一番とは解っていても、そう毎回毎回は金銭的に厳しい、なるべく髪を傷めず家で染められたら…。ホームカラーについてまとめてみました。

スポンサーリンク

ヘアカラーの液剤の違い

同じメーカーの同じ商品名でも、よく見ると「クリームタイプ」「液状タイプ」などと別れている事があります。「泡タイプ」も最近はよく見ますね。「クリームタイプ」は小分けにして使う事ができますが、「液状タイプ」「泡タイプ」は一回使い切りとなります。

「クリームタイプ」に関しては、サロンのカラーに一番近いと美容師さんに教えて貰いました。全体を一度に染めるなら、「液状タイプ」は全体に馴染ませやすいですが、地肌につきやすいのが難点です。

手軽な印象の「泡タイプ」は、その特性上、どうしても髪と地肌が傷みやすくなります。泡立つような液剤配合にしないといけないため、髪を保護するオイル類を配合できず、仕上がりがパサつきがちです。また、泡の付き方によるムラを防止するために、染まりを強くするキツめの配合になっています。

かくいう私も某「泡カラー」を一度使ってみたことがありますが、髪がバッキバッキのギッシギシ、希望していた茶色ではなくほぼ真っ黒になってしまい「二度と使わぬ!」と心に誓いました。ので、私情入りまくりですが個人的にはおすすめ致しかねます。

いずれにしても、市販のヘアカラーはサロンカラーに比べると「染まらない」というクレームを避けるために、強めの液剤配合になっているようです。

おしゃれ染めと白髪染め

二つとも「ブリーチ剤(脱色)+染毛剤」という構成は同じで、配合割合が違うだけです。「おしゃれ染め」でも、白髪が全く染まらないというわけではないのですが、色の入りが悪いです。

なので、白髪が無くても「髪全体を落ち着いた色にしたい」という場合には、「白髪染め」を使っても全く問題ありません。ただ、暗めの白髪染めを使った髪を明るく染め変えるのは美容院でも難しいので、明るくする予定があるなら注意が必要です。

髪のダメージをなるべく減らすには

結論をサックリ申し上げますと、

新しく生えた部分だけをクリームタイプで地肌につかないように染める


です。
髪が染毛剤にさらされる度にダメージになりますので、なるべくその回数を減らすのがポイントです。毎回毎回全体染めをしてしまうと、髪はどんどん傷みます。クリームタイプ以外は地肌につきやすいので、髪に加えて頭皮へのダメージも心配です。

とは言っても、鏡で見える範囲なら自分でも染められますが、後頭部やつむじなんか、そうそう見えやしませんので困ったもんです。染め上手な家族でもいれば話は簡単ですが、「ここ染まってないじゃーん!」などと家庭不和の原因になりかねません。

私は、三回のうち二回は分け目や生え際を可能な範囲で染めて、三回のうち一回で全体染め…という方法を取ってました。三回のうち一回を美容院でリタッチ、というのも方法としてはアリで、そういうお客さんも結構いる、とは美容師さんの弁です。

・長く置くとよく染まるのか?

お客様からの声で多いのが「よく染まると思って長く置いてる」という話です。これは逆効果で、薬剤が反応する時間のみ染毛効果があるので、長く置くだけ髪と頭皮を傷めて、染まりは変わらず、という悲しい結果になります。放置時間は説明通りか、長くても5分延長です。

部屋の温度も染まり具合に関係あります。夏場はよく染まって冬場はイマイチ…という経験がある方もいるのではないでしょうか。冬場は、部屋の温度をある程度上げておいた方が綺麗に染められます。

ヘアカラーの色選び

ヘアカラーの現物の前には、だいたい色見本が設置されてます。色見本は基本的に「何もしてない黒髪を染めた場合」の見本です。もとの髪色や傷み具合に大きく左右されるので、あくまで目安となります。私の場合は髪が細くて地毛も茶色っぽいので、見本より暗くなりがちでした。

明るめと暗めで悩んだ場合、明るめを選んでおいた方がリカバリーが効きます(後から明るくするのは難しいため)。白髪が全体の2割以上あってしっかり色を入れたいなら、暗めのトーンを選ぶのが無難です。

トーンについても、スタンダードな「ブラウン系」以外に「レッド系」「イエロー系」など色々あります。赤っぽい髪にしたいからレッド!という選び方でも勿論良いのですが、ヘアカラーをしてしばらくして退色してくると、髪質によって色味が変わってきます。

太い硬い髪は、退色してくると「赤っぽい髪」に、細い柔らかい髪は「黄色っぽい髪」になる傾向があります。

太い髪=グリーン・イエロー系
細い髪=レッド・オレンジ系

それぞれの補色にあたる色を選んで染めると、退色してきてもあまりそうは見えない綺麗な状態を保つ事ができます。

ヘアマニキュアについて

売り場にあるカラーには、「ヘアマニキュアタイプ」もあります。ヘアカラーとの違いとしては、髪をコーティングするように色を乗せるため、傷みにくいというメリットがあります。

ただ、ブリーチ効果がないのでヘアカラーのように髪色を明るくする事はできません。色持ちも比較的短く、汗などで色落ちする可能性もあります。

液剤からのダメージは無くても、色落ちする際にキューティクルをはがすという話もあり、全く髪の傷みを防げるという事ではないようです。あと、頭皮はもちろん顔周りや手指、爪についたらヘアカラー以上になかなか落ちません。ほんっとに落ちません。付着したマニキュアを落とすリムーバーもありますが、基本的に「つかないように」工夫が必要です。

カラートリートメントについて

最近よく見るのが、「カラーの入るトリートメント剤」です。シャンプーの後のトリートメントで染まるというのはラクで良さそうな感じがします。

ただ、カラートリートメントは苦手分野がありまして、健康なツルっとした髪には色が付着しにくいです。つまり、生えたばかりの生え際(白髪含む)は染まりにくい、という事になります。

毛先の傷んだ部分ばかりが染まり、根本は白い…というのはちょっとどころか相当アレなので、白髪があまり多くない方が目立たなくさせる、といった使い方が良いです。また、カラートリートメントは髪がコーティングされた状態になるので、その後ヘアカラーを入れようとしても入りにくくなります。

こちらも素手で使うと手に色がついてしまいますが、ヘアマニキュアに比べると簡単に落ちます(爪の色はちょっと落ちにくいです)。

おすすめの白髪染め

ロレアルのエクセランスシリーズはとても綺麗に染まります。ドラッグストアにあるカラーでは高めの価格帯ですが、染めた後の髪のツルツルツヤツヤ感はなかなか他に無いです。同価格帯のウエラと比べても、ツヤと色持ちは上回っていると感じました。

大抵のドラッグストアに置いてあるので手に入れやすいのも魅力です。個人的に「スティーブンノル」も好きなんですが、エクセランスに比べると置いてある店舗が少ないです。


低価格帯ですと、サイオスの定番クリームタイプが色も綺麗で色持ちも良く好きです。ある時、おっちゃんのお客さんに「自分にはどれが似合うか」と聞かれ、サイオスの3Aを「これなんかどうですかねー」と適当におすすめしたところ、周囲に好評だったらしく、その後律儀に何年も何年もお求めにいらっしゃいます。適当だったのに何かすんません。

市販のカラーで「染まらない」という場合は、元々の髪がひどく傷んでいるか、染め方に問題がある場合がほとんどです。カラー剤以外に添付のトリートメントまで混ぜ込んだお客様もいらっしゃいました。
ヘアカラーのおすすめは地肌につきにくいクリームタイプ
全体染めの回数を減らすのがダメージを減らすコツ
染める時間は説明通りに

真っ黒にしたい場合は、売り場のすみにひっそり佇んでいる「ビゲン」の小箱をどうぞ。水に溶いて使う、レトロタイプの毛染めですが、海外の方が髪を真っ黒にする際にも愛用されている逸品です。同じような「パオン」の小箱もあったんですが、製造終了してしまいました…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました