ひきはじめには葛根湯? 風邪と漢方薬

「風邪のひきはじめには葛根湯」よく耳にするフレーズです。早めに対処すれば、ひどくなる前に症状を回復させる事ができます。

漢方薬の得意分野と言われている、ひきはじめの風邪。葛根湯だけではない、あれこれについてまとめてみました。

スポンサーリンク

ひきはじめの症状で漢方薬を選ぶ

私も「何か風邪っぽい?」と思ったらすぐに薬を飲んで早めに休みます。この時に飲むのが漢方薬で、一般的な総合感冒薬を飲む事はないです。

症状を抑える総合感冒薬と違い、漢方薬は身体が風邪を治そうとする力を助けてくれるためです。おかげで、ドラッグストアで働き始めてから寝込むような風邪は一度もひいたことがありません(エンドレス咳マシーンと化した事はあります)。

ひきはじめの漢方薬は、症状によって選ぶ漢方薬が変わってきます。

寒気、頭痛、関節痛がある「風寒」タイプの風邪=身体を温める「葛根湯」
頭痛、喉の痛みや腫れ、熱っぽい「風熱」タイプの風邪=体を冷やす「銀翹散」

の二つが代表的です。風邪をひいたかも?と思っても、葛根湯を飲む前にまず自分の症状を確認してみて下さい。

寒気がある時には「葛根湯(かっこんとう)」

・寒気、頭痛、肩こりがあり汗をかいていない風邪のひきはじめに

お店でも「葛根湯はどこにありますか?」とよく聞かれる、風邪のひきはじめの代表的な漢方薬です。身体を温めるので肩こりなどにも効きます。

探しに来られたお客様の話をよく聞いてみると、すでに風邪をひいてしばらく経っていたり、他の風邪薬を飲んでいる上に飲もうとしていたり「ちょっと待って!」な状況が結構あります。

ひいて時間が経った風邪には葛根湯は不向きですし、配合されている「麻黄(まおう)」は西洋薬でいうところの「エフェドリン」にあたり、身体を活動的にさせる成分になります。これは市販の総合感冒薬にもよく配合されているので、併用すると作用が強く出たり副作用の危険性があります。

ネット情報なのか「葛根湯は妊娠中もOKなんですよね」と言われたこともありますが、妊娠中は「麻黄(エフェドリン)」は避けた方が良いのでお勧めしません。
授乳中の服用については、各メーカーも問題無いとしています。葛根湯そのものが生後三カ月以降服用可能なため、赤ちゃんがその月齢以降でしたら万一母乳移行しても問題は出にくいかと思いますが、服用前に授乳するなどタイミングを調整すると良いかと思います。

体温を上げ発汗を促す事で自然治癒力を高める処方です。飲み方として、お湯で飲んで貰うと、身体がより温まるのでお勧めです。

体力があるなら「麻黄湯(まおうとう)」

・寒気が強く節々が痛み、汗をかいていない風邪のひきはじめに

某店長のイチオシです(誰だよ)。

葛根湯の配合生薬の種類をさらに絞って効き目を強くしたのが麻黄湯です。効き目がシャープに出る分、高齢者など体力が無い人には不向きです。

症状も強いけど、当人の基礎体力が十分にある!という時にはこちらがお勧めです。飲んだら温かくしてしっかり休んで汗をダラダラかいてスッキリしましょう。

身体を温め発汗を強力に促す処方なので、すでに汗をかいている状態では飲まないようにして下さい。汗ダルマになって脱水症状を起こす可能性があります。

のどの腫れて熱っぽい時には「銀翹散(ぎんぎょうさん)」

・のどの痛みが強く熱っぽい風邪のひきはじめに

葛根湯や麻黄湯とは反対の「身体を冷やす」処方です。喉が腫れてヒリヒリする、つばを飲み込んだら喉が痛い、身体が熱っぽい、という時には葛根湯より銀翹散です。

私は喉から風邪をひきそうな時は、これを飲んでぬれマスクして速攻寝ます。合間にのどスプレー(炎症を抑えるアズレン配合)、時には龍角散ダイレクトを投入し、あの手この手を繰り出し悪化を食い止めます。

風邪でつらいのは高熱もですが、咳が止まらなくなるのも非常にしんどいです。咳が出るようになると長引くので、特に早めの対処をお勧めします。

メーカーや処方の違いについて

実際にドラッグストアに行って漢方薬売り場を見てみると、メーカーも色々あるし、顆粒だったり錠剤だったりドリンクだったり…どれがいいの?となると思います。顆粒や錠剤、ドリンクはご自身が飲みやすいもので良いです。

基本的に、液剤の方が効き目が早いという話ですが、そこまで極端な差は考えにくいです。常備しておくなら顆粒の分包が扱いやすいのでお勧めです。

メーカーの違いは正直何とも言えませんが、ツムラクラシエコタローが漢方薬メーカーでは定番といった印象です。同じ「葛根湯」でも一日二包のタイプ三包のタイプがあったり、メーカーで生薬の配合量や内容が違っていたりします。価格で比較する場合は、単純に一箱の価格ではなく、一日当たりいくらか?で見てみて下さい。

「満量処方」という単語もよく目にします。一日あたりのエキス配合量が「満量処方=最大量配合処方」となります。「多いなら満量が一番じゃないのか」という話になるかと思いますが、ご高齢の方などが服用する場合、成分量が少なめの方が効きめが柔らかく良い場合もあります。

・寒気がある時には早めの葛根湯を
・基本的に「元気」な人なら葛根湯より麻黄湯
・喉が腫れて熱っぽいなら銀翹散

何だかんだで葛根湯と銀翹散は常備しております。自店で買うよりネット購入の方が安くて何やら複雑。

コメント

タイトルとURLをコピーしました