ドラッグストアで働くということ


ドラッグストア=お薬屋さん、のイメージは昔の話で、もはや「何でも屋」状態。
実際、ここ数日、私の働く店で一番売れたのはバナナです(八百屋化)。

様々なタイプのドラッグストアも増え、近くのお店をパート先の候補として考える方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?
ドラッグストアの仕事内容、向いてる人、向いてない人などについてまとめてみました。

ドラッグストアの仕事内容

ざっくりしたパートの仕事内容としては、

レジ・品出し・商品案内・商品説明

です。

POPを貼ったり剥がしたり、セールがあるお店ではその準備をしたり、パートでも商品の発注を担当する場合がありますが、メインの仕事としては上記の四つです。郊外の店、市街地にある店、モール内店舗などでかなり作業内容は変わってきます。

スーパー併設なら食品の扱いが減りますし、街中にある駐車場の無いお店ならおむつなど、かさ張るものの扱いが少なくなります。生鮮食品が多いと期限のチェック等で維持管理にどうしても手がかかります。

ドラッグストアで働くのに向いている人

これは、何といっても「ドラッグストアに置いてる商品が好きな人」です。

中でも、化粧品や医薬品、サプリメントなど、ドラッグストアならではの商品が好きな方、外出した際、ついついドラッグストアに寄ってしまう…という方。新商品を出したり眺めたり撫でまわしたり、楽しく働けると思います。
お客さんに商品を説明する際にも知識が非常に役立ちます。
「接客が好きかどうか」については、そこまで重要な感じはしませんね。私も特に接客好きではないので(やや問題発言)。

登録販売者の資格を取りたい方も、大抵の企業は勉強会などサポート体制が整っているので、働き始めてから受験を考えても良いと思います。資格を取っても実務経験がないと一人で店を回せませんし、逆に資格だけ先に取っていても、商品知識がない状態で働くのは大変です。
働きながら資格の勉強をして、商品名などを頭に入れつつ受験、というのが効率的です。

ドラッグストアで働くのに向いてない人

「体力が無い人」です。

特に「腰が弱い人・腰痛持ち」の方には向きません。
終日立ちっぱなしですし、同僚知人、荷物の重さで大概腰をいわしております。まだ若いのに「朝から腰が痛い」「ヒザが痛い」というぼやきを聞いていると、大丈夫かしらんと心配になります。

ただ、地下街にあったり、比較的こじんまりした店舗だと、洗剤がミチミチに詰まった重いケースや、30キロの米入りオリコンを持ち上げたりしなくて良いかもしれません。(比較的腰に自信がある(?)私ですが、米でやらかしました)
郊外型店舗は、確実に重い荷物が乱れ飛びます。
あと、なるべく人と話したくない!という方は勿論難しいです。

どの店で働くか?

誰しもが、同僚に恵まれ、そこまで忙しくない、良いお客さんばかりのお店で働きたいことと思います(むしろ働かせてくれ)。環境については入ってみないと判らないので難しいところではありますが、実際に働いてみると、パンチの効いたお客さんにはかなりHPを削られます。

ちょっと今時見かけないタイプですがどちらから?といったお客さんが続々来て無茶ブリをしてくれるので、従業員が長続きせず、慢性的に人手不足なお店は実在します。地域的に、裕福な層が少ない場所、昔から「あの辺やばいよね」と言われている地域にあるお店は避けた方が平和に働けます。

また、ドラッグストアチェーンによって、セールの有無や従業員への教育の仕方など、色々と違う面があります。「なんかこの店いっつもセールでバタバタしてるな…」「薬を見てる時や、レジでも必ずオススメ商品について声をかけられるな…」など、顧客の側から見て気付く部分で、「実際にここで働いたらどうか?」を考えてみるのもまたヒントになります。

・メインの仕事はレジと品出し
・立ち仕事と荷物運びで体力が必要
・客層は立地に大きく影響される
・同僚に恵まれるかは運

まとめるとこんな感じでしょうか?
機会がありましたら勤務先の選択肢の一つにどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました