美容・コスメ

美容・化粧品について

医薬品

医薬品でシミ対策 白肌を目指す美白医薬品あれこれ

よく女性のお客様から問い合わせがあるのが、美白やシミ消しについてです。塗る化粧品にも「シミ対策」の文字が多数躍っており、「これで本当にシミが消えるんですか!」と食い気味に聞かれる事も。 ドラッグストアには、外からのシミ対策化粧...
美容法

アミノ酸系、ノンシリコン 地肌に優しい低刺激のシャンプー選び

ドラッグストアでかなりの面積を占めるのがヘアケア用品。特にシャンプーやコンディショナーの売り場は品物も多く入れ替わりも激しい場所です。 髪の仕上がりは勿論、先々の事を考えると、髪にも地肌にも優しいものが良い、とは何となく思って...
コスメ用品

抜け毛対策で始めたヘナ染め メリット&デメリットについて

使った事はなくても、「ヘナ」という単語を耳にしたことがある方は多いと思います。「自然派の毛染め」として知られるヘナ。「ヘナを使ってる人ってちょっと独特なイメージ」という話もあったりなかったり。 理由があり使い始めて、何だかんだでヘ...
コスメ用品

染め方でダメージ軽減! 市販ヘアカラーについて

ドラッグストアでも大きなスペースが割かれているのが「ヘアカラー(おしゃれ染め&白髪染め)」コーナーです。手軽に家で染められる、という事が魅力ですが、種類が多すぎてどれを選べば良いのか迷うお客様も多いようです。 美容院で染めるの...
コスメ用品

2020年 アイライナーの新定番、濃いめブラウン

メイクには流行り廃りがあり、ちょっと前までは普通だった事がすぐに時代遅れになります。2020年も、カラーレスメイクや単色アイシャドウなどのナチュラル寄りなアイメイクが主流となりそうです。 「囲み目」はすでに化石、目じりを跳ね上...
美容法

乾燥肌とマスクの関係

他人&自分への感染予防、喉のケアなどにも必須アイテムとされるマスク。最近は、メイクをしなくても外に出られるから、などといった理由で常に着用している人もいるとか。 良い事ばかり?と思われるマスクですが、実際のところ、喉や...
美容法

パウダーorリキッド? ファンデーションの肌負担

塗らなくてよければ特に塗りたくないのが「ファンデーション」。かといって「塗らないわけにもいかない」という悲痛な叫びはよく聞きます。 あまり語られていない「肌への負担」という側面からまとめてみました。 ファンデーションの種類 大きく分け...
美容法

跡を残さないニキビ・吹き出物のつぶし方

知らず知らずのうちに顔に発生している憎きアイツ、放っておくわけにもいかず、ついつい触ってしまうとちょっと赤くなってみたり白くなってみたり…。 つぶしてはいけない、しかしつぶしたい! 全てを出し切る事に爽快感を感じる管理人...
タイトルとURLをコピーしました