医薬品でシミ対策 白肌を目指す美白医薬品あれこれ

よく女性のお客様から問い合わせがあるのが、美白やシミ消しについてです。塗る化粧品にも「シミ対策」の文字が多数躍っており、「これで本当にシミが消えるんですか!」と食い気味に聞かれる事も。

ドラッグストアには、外からのシミ対策化粧品の他、内からの改善を目指す「飲むシミ対策医薬品」も多数あります。鏡を見る度に目に入るシミが消えれば、どんなに良いか、とお悩みの方も多いと思います。シミ対策の医薬品を比較してみました。

スポンサーリンク

医薬品と医薬部外品

肌につける化粧品などの「医薬部外品」「美白」は、
・シミの元であるメラニンの生成を抑える
・日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ
という内容で、あくまで「シミが出来るのを防ぐ」ためのものです。

「医薬品」になると、

・次の諸症状の緩和 しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着

となります。「シミを根絶する!」というよりは、あくまでシミを薄くするイメージで、「シミ防止」「改善」ですね。薄くして、最終的に消えれば…という感じです。シミ以外にも、顔のくすみ改善や透明感アップなどにも効果があると感じます。

美白効果のある医薬品の成分

よく配合されている成分は下記の通りです。加えて配合されているビタミン等の成分は、各社で配合内容が違い、特徴もそれぞれ異なります。

アスコルビン酸(ビタミンC)

抗酸化作用、メラニン合成阻害、コラーゲン産生など、美容と縁の深いビタミンです。粘膜強化や免疫力向上などで、風邪の予防などでもよく聞きますね。どちらかというとシミを防ぐ効果が高いです。

L-システイン

アミノ酸の一種で、抗酸化作用があり、メラニン色素の生成を抑制するとともに、今あるメラニン色素を還元していく作用(シミを薄くする)があります。コラーゲン生成を促す効果もあるので、美肌には効果的な成分です。アルコール分解後生成される有害成分「アセトアルデヒド」と直接反応し解毒させる効果もあるので、二日酔い対策にも使えます。

パントテン酸カルシウム

ビタミンのひとつ(B5)で、体内では資質や糖質の代謝を助けます。肌への効果としては、皮膚の新陳代謝を促し、ターンオーバーを整えます。

ニコチン酸アミド(ナイアシンアミド)

ビタミンB群の一種で、皮膚や粘膜を正常に保つ作用、血流改善の効果があります。耳鳴り改善の内服薬や、シワ改善の化粧品などにも配合されています。

シミの原因

顔に出来るシミの原因としては、「紫外線」によるものと、「炎症」によるものがほとんどです。日差しを浴びると、それを防ごうとメラニン色素が過剰に作られ、角質層に蓄積されシミとなって表に現れてくる…というのはご存知の方が多いと思います。

意外に意識されていないのが「炎症」で、ニキビを絞ったり、虫刺されやケガなど直接的なものはもちろん、良かれと思ってやっていたマッサージなどの摩擦、ファンデーションをつけるパフの刺激、合わない化粧品による刺激などで起きた「炎症」からもメラニンが産生されてしまい、全てシミの原因となります。

また、加齢や喫煙による血流不足で肌のターンオーバーが乱れると、メラニンの蓄積と排除のバランスが崩れてしまうので、シミが目立つようになります。喫煙者や高齢者にシミが多いのはそのせいです。

そばかすと肝斑

特殊なシミとして、「そばかす」「肝斑」があります。

「そばかす」は基本的に遺伝性がほとんどで、子供の頃から鼻の周りから頬にかけて出てくる小さな斑点です。薄くはなっても、完全に消すのは難しいとされています。

「肝斑」はホルモンの乱れなどによって出てくるシミで、30代~50代の女性にみられます。頬骨に添って大きく出てきますが、濃くなったり薄くなったりしながら、年齢と共に消えていくのが特徴です。

「肝斑」に関しては、「トラネキサム酸」を含む内服薬が効果的で、第一類医薬品の「トランシーノII」がそれに該当します。服用期間が定められている点、薬剤師の対面販売が必要な点を踏まえて、今回のまとめでは載せていません。

シミ対策の医薬品

ドラッグストアで販売されているシミ対策医薬品を、成分で比較してみます。店舗限定のものは省き、一般的にどこのドラッグストアでも販売されているものを並べてみました。

ハイチオールCプラス2(服用回数一日三回)

・ビタミンC 500mg
・L-システイン 240mg
・パントテン酸カルシウム 24mg

名前的には一番有名な美白内服薬でしょうか。2020年、名称変更と共に小粒になり、大容量サイズも出ました。同シリーズの「ホワイティア」との違いは、成分はほぼ同じですが、一日の服用回数が違います(ホワイティアは二回、プラス2は三回)。

トランシーノ ホワイトCクリア(服用回数一日二回)

ビタミンC 1000mg
・L-システイン 240mg
天然型ビタミンE 50mg
・ビタミンB2 6mg
・ビタミンB6 12mg
・ニコチン酸アミド 60mg

化粧品のラインもある「トランシーノ」の美白内服薬です。かなり美容的に気の利いた処方で、ビタミンB2&B6に加えて、抗酸化作用の高いビタミンEが入っているのがポイント高いです。あれこれ飲まなくてもこれ一つでOK、というイメージです。一時期中国人に大人気で、品薄状態が続き困りました。

システィナC(服用回数一日三回)

・ビタミンC 300mg
・L-システイン 240mg
・ビタミンB6 6mg
・パントテン酸カルシウム 24mg

こちらも昔からある定番の医薬品です。他に比べるとビタミンCが少なめかなと思いますが、Lシステインを含むビタミンC製剤としては、実売価格が最もお手頃なお薬です。

チョコラBB ルーセントC(服用回数一日三回)

・ビタミンC 600mg
・L-システイン 240mg
・ビタミンB2 15mg
・ビタミンB6 20mg
・ニコチン酸アミド 25mg
天然型ビタミンE 100mg

チョコラBBは口内炎や肌荒れのイメージが強いですが、同シリーズで美白対策として発売されたのがこちらです。充実した配合成分で、ビタミンC以外のビタミン類はトランシーノ以上に配合されています。服用回数が一日三回なのがちょっと残念。

シナールL ホワイトエクシア(服用回数一日二回)

ビタミンC 1200mg
・L-システイン 240mg
・ビタミンB6 12mg
・パントテン酸カルシウム 24mg
ビオチン 500μg

シナールは、店舗限定品としてのシリーズ販売もありますが、こちらはどのドラッグストアでも販売されている商品です。特徴は「ビオチン」の配合です。「ビオチン療法」などでも知られる水溶性ビタミンで、皮膚や粘膜の状態改善のほか、髪や爪の健康にも関わりが深いとされています。

飲むならどれ?

一日あたりの価格を実売価格で比較してみると、店舗によって差はあるかと思いますが、

低価格 システィナC>ハイチオール>トランシーノ>ルーセントC>シナールL 高価格

概ね上記の価格順となっています。
一日二回服用という飲みやすさの点、配合成分の充実度から、個人的には「トランシーノホワイトCクリア」を一番におすすめします。肌荒れが気になるなら「ビオチン」配合の「シナールLホワイトエクシア」というのも良いかなと。

ドラッグストアオリジナルのシミ対策医薬品

メーカー品以外に、それぞれのドラッグストア限定販売のシミ対策医薬品が発売されている事があります。配合内容と価格を見ると、内容が良く安価な事も多いので、まずそちらからチェックしてみるのも良いかと思います。こちらはAmazon限定の商品ですが、価格的にもお手頃です。

サプリメントか医薬品か

ビタミンCのサプリメントは国内でもよく見かけますし、個人輸入や輸入代行でサプリメントを入手する事は可能です。そちらの方が価格的には安くつく場合もあるかと思います。

ただ、サプリメントの難点として、基本的に「飲みづらい」です。私も一時期、「ビタミンC」「Lシステイン」「ビオチン」のサプリメントを個人輸入して飲んでいた時期がありますが、粒は大きいし何か匂うし、数種類飲むのも面倒だし、そのうち飲むのをやめてしまいました。「これ一粒でOK!」のマルチビタミンも、一錠が大きすぎて喉に詰まるし。

医薬品として販売されているものに関して言うと、粒も小さく、フィルムコーティングされているので匂いも無く、つるっと飲みやすいです。1日数回飲む事を考えると、飲みやすさはかなり重要です。

また、健康食品の基準はあくまで「食品」で医薬品と異なるものです。海外のサプリメントは成分の配合量が極端に多いものもあります。「余ったものは体外に放出される」とは言っても、体内での処理には多かれ少なかれ内臓に負担がかかりますので、注意が必要です。

総合的なシミ対策を

医薬品などで「シミを薄くする」と共に、「シミを増やさない」事も大事です。保湿の行き届いた整った状態の肌は、荒れ気味な肌に比べて日焼けしにくいので、まずは「保湿」を意識します。

「炎症」を起こさないのも重要です。最近、お風呂上りに顔が妙に赤い?など、肌がいつもと違うなと思ったら、肌を傷付けていないか意識してみましょう。

強い日焼け止めを塗って、それを落とす為にゴシゴシクレンジング。紫外線は防げても、日焼け止めの刺激と摩擦の刺激で、結果シミが…という事になっては本末転倒です。

私自身、ニキビ絞り魔だった事もあり、顔にある目立つシミは「ブツを絞った後」対策をしなかった事により、出来たものでした。ただ、時間はかかりましたが(10年位?)気がついたらほとんど消えていました。ターンオーバーで、徐々に薄くなっていったのだと思います。

「メラニンが生成される速度」より、「メラニンを排出する速度」が上回ると、結果的に「シミが薄くなる&消える」わけです。

規則正しい生活、バランスの良い食事、質の良い睡眠を意識した方が良い、と言うのは簡単だし、当然なのですが、そもそもそのあたりが若い頃から完璧な人は、肌も綺麗でシミがほとんど無いんじゃなかろうか?という気もします。

毎日の積み重ねが肌を作るのは私も実感していますので、「自分はどのくらいまでなら負担無く行えるか?」をゆっくり探しましょう。「やらなきゃ!」というストレスも美肌の大敵ですし。

・日焼け止めや日傘などで紫外線防止しシミを増やさない
・肌の保湿をして焼けにくい肌を目指しシミ予防
・摩擦や合わない化粧品による炎症もシミの大きな原因に
・美肌を目指す生活で長い目で見てシミを消す

参考にしている美容本を読んでいたら「シミがそんなに気になるならレーザーでちゃちゃっと消しちゃえ!」とありました。まあ、確かにそうなんでしょうけど…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました